女性の「頻尿」5つの原因

PR|クリニックの集患ならBTコンサルティング

最近トイレが近いとお悩みのあなた、女性の排尿は普通、1日6~8回くらいです。それが、頻尿と呼ばれる人は1日10回以上になるようです。因みに、男性はもっと多く、頻繁になります。ここではあなたの悩みの原因を探ります。

・過活動膀胱

過活動膀胱では排尿筋が過剰に縮んで、尿を貯める量が少なくなり、そのために急に尿意を感じたり、トイレの回数が増えたり、我慢が出来なくなったりします。特に女性は尿道が3~4㎝と短く、男性に比べて尿漏れし易くなっています。

・骨盤底筋の緩み

咳やくしゃみ、重い物を持った拍子に尿漏れを起こす症状は骨盤底筋の緩みが原因です。妊娠や出産、運動不足、加齢による筋肉の衰えなどが要因です。健康な骨盤底筋は、お腹に力が入ると反射的に尿道口を締めて、尿漏れを防ぎます。しかし、骨盤底筋が緩むと尿道口をしっかり締めきれずに尿漏れを引き起こすのです。

・体の冷え

女性は冷え症から頻尿になる方が多い傾向にあります。まず、体をしっかりと温める事から始めましょう。冷え症は末端の血管まで血液が届かないために、体が冷えて起こります。また、気温が低いと、血管や膀胱やその周辺の排尿筋の筋力の弾力が失われ、尿を貯める量が減って、排尿の回数が増えるのです。運動をすることで基礎筋力を上げ、血行が良くなれば、代謝が上がるので、冷え症の解消になります。

・緊張やストレス

会議で発表する、上司と面談するなど、緊張する場面になるとトイレが近くなることは、よくありますよね。これは精神的に圧迫され、ストレスが溜まると脳にうまく排尿調整の指示が届かず、すぐトイレに行ってしまう事になるのです。

・膀胱炎

膀胱炎は女性がかかり易い病気です。膀胱炎になると、膀胱にまだ尿が貯める余裕があるのに、敏感に反応しておしっこが貯まったと感知してしまいます。そして、尿意の信号を脳に送るので頻尿という症状が現れるのです。
いかがでしたか、今回は「女性の「頻尿」5つの原因」についての記事でした。
ぜひ、参考にしてみてください。